ν速アフィクラブ

ニュース速報板スレやジョークを扱います

Google
 

最新の記事

絶賛更新中 (01/07)  たまには更新しないとなあ (08/20)  エロ本 (08/17)  合コンに来るような男性はダメ (07/03)  ハードディスクが消える? SSD、2015年には30%以上のノート PC に搭載 (06/26)  男から見ると何が悪いかわからないけど女に嫌われる女っているよな (06/19)  (´・ω・`)『今帰る』 妻から返信 『まだいいよ』 (05/17)  チェリーをもぎ取るパワフルなスウィーツ (05/16)  本当にあった驚愕のクレーム、モンスターペアレント事例集 (05/16)  母の日 (05/16)  合コンって・・・。 (05/14)  黄金のヒラメが揚がった…明石浦漁協 (05/13)  主婦業 年俸1200万円 (05/12)  27歳正社員の手取り月給は平均21.5万円 (05/10)  【画像あり】タカに喰われたスズメが体内から腹を蹴破り、壮絶な相打ちを遂げる (05/09)  イケアの家具かっこよすなあ (05/08)  いい大人のくせに自立せず実家に暮らしてる人って・・・ (05/07)  18きっぷ (05/06)  「こんな男と付き合ってはいけない」リスト発表 (05/06)  中日ベンチにはなぜか木魚が置いてあるんだな (05/05)  ねこ大好き (05/04)  ■雑木林の思い出 (05/04)  ν速読書会 (05/04)  おんなはぶりっ子な方がかわいい!? (05/03)  親を見ていると結婚って幸せそうに見えないよな (05/02)  ■合コンでモテる人の部屋には「○○」がある (05/02)  『沈没船のロマン』 (05/02)  『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』 (05/01)  家出中の無職男(25)がウソの110番  「お父さんが心配してくれているか確かめたかったんだ」 (04/30)  褒められることは脳にとっては現金もらうのと同じ効果 (04/29) 

記事一覧はこちら

(´・ω・`)抱き枕欲しいです

最近の書き込み

夫婦円満の秘訣(02/04) ygilyntelz 夫婦円満の秘訣(02/04) Pfxsfoex 外科医とブロンド(02/04) Peyton_Kansas 夫婦円満の秘訣(02/04) Jessica_South_Carolina 夫婦円満の秘訣(02/04) Riley_Oregon 外科医とブロンド(02/04) Alexis_Missouri 夫婦円満の秘訣(02/03) Rachel_Iowa 夫婦円満の秘訣(02/03) Angelina_Oklahoma 夫婦円満の秘訣(02/03) Zoe_West_Virginia 夫婦円満の秘訣(02/03) lsnpiki 夫婦円満の秘訣(02/03) fgvmdo 外科医とブロンド(02/02) Zoe_Pennsylvania 外科医とブロンド(02/01) ypiyarfanms 夫婦円満の秘訣(01/31) Lucy_Louisiana 夫婦円満の秘訣(01/31) rronwnquwb 夫婦円満の秘訣(01/27) Stella_Texas 夫婦円満の秘訣(01/27) Sophie_Montana 夫婦円満の秘訣(01/26) Ltkpfuax 夫婦円満の秘訣(01/25) Kwrynppu 外科医とブロンド(01/25) jettuzimuk 夫婦円満の秘訣(01/23) hxoopa 絶賛更新中(01/10) 名無しさん@涙目です (´・ω・`)『今帰る』 妻から返信 『まだいいよ』(06/02) oi スズメバチって見たことある?(04/18) 名無しさん@涙目です 『酔った勢いでやったすごいこと』(04/14) 名無しさん@涙目です 『酔った勢いでやったすごいこと』(04/14) 名無しさん@涙目です 弁護士(01/22) 名無しさん@涙目です 父親(12/24) 名無しさん@涙目です 金髪女と弁護士(12/24) たん 金髪女と弁護士(12/22) レッサーパンダ 

最近のトラックバック

ページ移動

トップページ

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

賃上げ交渉

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2006/03/08(水) 01:02:36
    ある会社で、従業員から賃上げの要求が出たところ、社長は次のような回答をした。
    「一年は365日だが、計算しやすいように366日としよう。
    1日8時間労働というのは、1日のうち3分の1だけ働くことであるから、
    実働は366日の3分の1。つまり122日である。
    そのうち、日曜日が1年間366日の7分の1。つまり52日あり、
    週休2日制で土曜休みも52日ある。
    そうすると諸君は年間18日しか働いていないことになる。
    我が社では、有給休暇で14日休める。
    さらに会社創立記念日などの社休が4日あり、これを全部引くと、
    結局諸君は1日も働いていないことになる。
    従って、会社としては、これ以上月給を上げる必要などないという結論に達したのである。」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

医療費

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/12/22(木) 21:35:33
    ケチで有名な大金持ちが ある日猛烈な腹痛に襲われた。
    大急ぎで医師が呼ばれ 医師はたちまちにして大金持ちの腹痛を治した。
    「先生ありがとうございます」大金持ちは涙を流さんばかりに喜んで言った。
    「ところで支払いはいかほどで?」

    医師は平然と言った
    「あなたが腹痛で苦しんでいたときに払ってもいいと思った金額の半分でいいです」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

成り上がる

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/11/23(水) 15:50:07
    外交官が貧乏人の家を訪ねて言った。

    外交官「お宅の息子さんに縁談があるんですが」
    貧乏人「息子は自分の嫁は自分で見つけます。私は口出しするつもりはありませんよ」
    外交官「でも、相手は大富豪のロスチャイルド家のお嬢さんですよ!」
    貧乏人「え。そういうことでしたら…」

    次に外交官は、ロスチャイルド家を訪ねて言った。

    外交官「お宅のお嬢さんに縁談があるんですが」
    ロス家「娘は結婚するにはまだ若いですよ」
    外交官「でも、相手の男性は世界銀行の副頭取なんですよ!」
    ロス家「え。そういうことでしたら…」

    そして外交官は、世界銀行の頭取を訪ねた。

    外交官「お宅の副頭取に推薦したい人物がいるんですが」
    頭取 「副頭取候補でしたら、すでに相当な数の人材がいますから」
    外交官「でも、この若者はロスチャイルド家の婿養子ですよ!」
    頭取 「え。そういうことでしたら…」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

大切な物の隠し場所

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/10/22(土) 19:23:31
    ある日、エリザベス女王と(在りし日の)ダイアナ妃とが、珍しく二人でドライブに出かけました。

    エリザベス女王は黄金のティアラ、ダイアナ妃は自慢のネックレスを身につけて。
    車はダイアナ妃運転のベントレーです。たまのお忍びなのでSPは付けませんでした。
    田園地帯を快適にクルーズしていたとき、突然、前後を大型のワゴンに挟まれました。
    なんと、強盗団がつけねらっていたのです。ダイアナ妃はやむなく車を駐め、二人とも外に出ました。

    窃盗団は銃で武装しています。
    「おい、あのティアラとネックレスはどこだ!いつも身につけていることは知っているんだ!!」
    「ごめんなさい、今日はたまたま持ってきていないのよ」
    「そんなはずは・・・畜生、それならこのベントレーをもらうぞ!おまえらは歩いて帰ればいいだろう!」
    強盗団は車を奪って逃走しました。

    仕方ありません。周辺には建物もなく、歩いて帰るしかないようです。
    身ぐるみはがされなかっただけでも良かったのかも知れません。
    「そういえばダイアナさん、あなたあのネックレスはどうしたの?」
    ダイアナ妃は真っ赤な顔をして、股間からネックレスを取り出しました。
    どうやら、とっさに大事なところへ隠していたようです。

    「・・・女王陛下こそ、ティアラを身につけていたはずですが・・・」
    エリザベス女王もほおを赤らめ、ご自身の同じ場所からティアラを取り出しました。
    お二人はしばらくとぼとぼと歩いていましたが、女王の方がふと一言漏らしました。

    「こんなことなら、アン王女と三人で出かければ良かったわね。そうしていればあのベントレーも隠せたのに」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [世界の富豪から]

ロールスロイスの故障

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/10/18(火) 19:34:53
    ある二人の大富豪が、ロールスロイスに乗って冒険旅行に行くことにした。


    野を越え山を越え、海は船を使って渡り、そして砂漠に到着したところで、とうとうロールスロイスは止まってしまった。
    こいつは故障だ、と考えた大富豪は、携帯電話を取りだし、車会社に電話をかけた。
    「ああ、すみません。砂漠でロールスロイスが故障してしまったんですが」
    すると、数分もしない内にヘリコプターが現れ、壊れたロールスロイスを引き上げると、新しいロールスロイスを置いて、一気に飛び去ってしまった。


    数週間後、無事に帰ってきた大富豪達は困っていた。
    一向にロールスロイスの請求書が来ないのだ。
    別に払えない額ではないが、さすがに妙だと思った大富豪達は、再び車会社に電話をかけることにした。
    「ああ、すみません。以前ロールスロイスが壊れたとき、新しい車を貰ったのですが、請求書が来ないんです」
    すると、電話に出た女性はこう言った。


    「お客様、ロールスロイスは故障致しません」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [世界の富豪から]

新米メイドさん

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/10/01(土) 14:36:33
    ある女性が、夫が浮気しているのではと疑いを持った。


    ある日、彼女が外出先から自宅に電話すると、聞いたことのない女性の声が電話に出た。
    「あなたはだれ?」
    「ええと、わたしはメイドです」
    「うちではメイドは雇っていません」
    「ああ、ええと、ちょうど今朝こちらの御主人に雇われたばかりなんです」
    「あらそう、私はその人の妻なんだけど、主人はいるかしら」
    「ええっ、わたし、今旦那様とベッドにいらっしゃるのが奥さまだと思ってたんですけど」


    彼女は怒り狂った、そしてメイドにこう告げた。
    「よくお聞き、5万ドルあげるから私の言うとおりにするのよ」
    「…あのう、わたしは何をすればいいんでしょう」
    「机に私の銃があるから、そいつでベッドにいるアホ男とメスブタを撃ち殺してきなさい」


    電話を置く音がし、足音、銃声が続けて聞こえた。
    それからメイドが電話をとりこう言った。
    「ええと、死体はどうしましょう」
    「庭のプールにでも放り込んでおきなさい」


    メイドはよく分らないという風に答えた。
    「すいません、あの、この家にはプールが無いんですけど」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

自社製品しか認めません

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/09/26(月) 23:38:10
    ビール大会の後、ビール会社の社長が連れだってバーに行った。

    コロナの社長が席について言った。
    「俺は世界最高のコロナビールを頼むとしよう。」
    バーテンダーは棚の奥からボトルを出してきた。

    バドワイザーの社長も
    「俺は真に世界最高のビールを頼もう。"キング・オブ・ビア"バドワイザーだ。」
    と、バーテンダーに頼んだ。

    クアーズの社長は
    「俺ならロッキーマウンテンの湧水でつくられた、あのクアーズを飲むね」
    と頼んだ。

    ギネスの社長が最後に言った。
    「コーラをくれ。」

    他の社長が、なぜギネスを頼まないのか不思議そうに尋ねると、彼は答えた。


    「君達がビールを頼んでないのに、わたし一人で飲むわけにはいかんよ。」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

再検査

  1. 名前: 名無しさん@涙目です。 2005/09/08(木) 23:51:36
    とても裕福で、とても聡明な女性が医師の元へ行った。
    彼女は医師にうつむきながら言った。

    「先生、すごく恥ずかしいことなんですが・・・
    実は最近、おなかが張ってしまってガスが止まらないんですの。
    それがすごく大きな音で、なおかつ頻繁になってしまって。
    でも、幸いなことに臭いは全然ありませんのよ。」

    医師は真面目な顔で言った。
    「ふむ。ひょっとしたら良くない病気の前兆かも知れませんね。
    よろしい、徹底的に調べてみましょう。」

    医師は彼女にに衣服を脱いで、診察台に上がるよう指示した。
    そして、彼女の症状を調べるために身をかがめた。
    その途端、部屋中に凄い音が鳴り響いた。
    BAAARRRUUUMPPP!!!!!

    「こ、こりゃ、たいへんだ。」
    医師はすぐに立ち上がって言った。

    「あなたは、もう少し大きな病院に行った方がいい。
    そこできちんと精密検査をするべきです!」

    女性は両手で顔を覆い、肩を落とした。

    「オーマイゴッド!」
    「やっぱり、癌だったのね。」
    「それで、先生。腸の癌は治るんでしょうか?」
    「癌! 癌だって!」
    医師は大きく首を横に振りながら答えた。

    「あなたの腸は、素晴らしく健康ですよ。
    よく聞いて下さい。あなたが検査しなくちゃいけないのは・・ 鼻です!」

    コメントを書き込む コメントを読む(0) [世界の富豪から]

ページ移動

トップページ
テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。